2017年 01月 24日

オジロビタキ Ⅳ

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


2~3日前に他の場所に移動したとか、貴重な出会いを有難うと言いたい。
色々なご意見もあると思うが、これで良かったのだろう。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林

命名の由来:日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
      (1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
      (2)オジロビタキは東経50度以東としている。
      (再掲載×3)
      「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

d0290240_05480372.gif



その2

d0290240_05481290.gif



その3

d0290240_05482262.gif



その4

d0290240_05483038.gif



その5

d0290240_05484149.gif



その6

d0290240_05485443.gif



その7

d0290240_05493852.gif



その8

d0290240_05494886.gif



その9

d0290240_05495848.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日この頃】

小鳥の撮影は晴天では向かぬと思うが出かける。
ベニマシコ以外は成果が上がらぬ、贅沢と思うが。
このところイカル、コイカルの情報があり、コイカル一羽を確認できたが、
陰影が強く、満足な絵にならなかった。



副産物のミコアイサの雌を至近距離で撮る。

d0290240_10295189.gif



d0290240_10300256.gif



d0290240_10301102.gif



嘗て、この場所で撮ったミコアイサの雄

d0290240_10311331.jpg



今日のコイカルなんだが

d0290240_10293439.gif




d0290240_10294335.gif





by ichibannori | 2017-01-24 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 美しき湿原にミコアイサがよく似...      コハクチョウがやってきました Ⅳ >>