2017年 01月 18日

美しき湿原にミコアイサがよく似合う Ⅲ

この湿原の鳥達は被写体として距離がある。
デカ撮りをする場所ではない、初めて来たバーダーはよく「遠いな」という。
私たち「湿原をこよなく愛する仲間」は、この距離で十分である。
この広さは近くの探鳥地には無く独壇場である。


漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。


命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_19275293.gif



その2

d0290240_19280408.gif



その3

d0290240_19281263.gif



その4

d0290240_19282002.gif



その5

d0290240_19282932.gif



その6

d0290240_19283813.gif



その7

d0290240_19290999.gif



その8

d0290240_19291900.gif



その9

d0290240_19292847.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

昨年から考えていたミニツアーを慣行した。
朝6時に白鳥と会い、9時にホオジロガモ、午後1時にタゲリ
3時には自宅で相撲観戦。
すべて満足ではないが皆あまり撮らないホオジロガモは好きな水鳥である。



朝焼けに再挑戦か

d0290240_16492820.gif




d0290240_16494209.gif




d0290240_16495372.gif




 かつての白鳥飛来地

d0290240_16500322.gif



ムーミンが先かホオジロガモが先か、ホウジロガモでしょう

d0290240_16510687.gif




d0290240_16511594.gif



タゲリを撮るならここでしょう

d0290240_16514682.gif




d0290240_16520010.gif





by ichibannori | 2017-01-18 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by impact4642 at 2017-01-18 15:40
こんにちは(^_^)/
ミコアイサ、良いですね♪
私のフィールドには、女の子だけなので羨ましいです(*^。^*)
こちらに向かって、羽をパタパタで大サービスですね♪
いつも楽しみにしています♪
Commented by ichibannori at 2017-01-18 17:01
インパクトブルーさん こんにちは

なぜか今シーズンは10羽ぐらい来ています。
いつも遠くなんですが、時々近くに来るときもあるんです。
雄は人気がありますが、雌も可愛いですよ。
Commented by KAGAMI at 2017-01-19 05:53 x
おはようございます
1日で3カ所もハシゴ(笑)
白鳥の朝焼け狙い、流石です。
湿原の白鳥は安定しないですねー
そろそろ他に行って見ようかな〜
昨日は1日中家でのんびりしてました(>_<)
Commented by ichibannori at 2017-01-19 10:10
KAGAMIさん こんにちは

一年に一遍です。静かに心躍るツアーでした。
朝焼けがもう少し焼ければと、その時の飛び立ちを狙ったのですが、贅沢。
ホオジロガモ、タゲリもまずまずです。
今朝は曇天のベニマシコを勇んでゆきましたが、坊主になりました。

ところで湿原の鳥達を心配しています、状況が良くなることを。
アネハズルはNさんの絵を期待しています。
名前
URL
削除用パスワード


<< カンムリカイツブリ Ⅰ      アトリ Ⅴ >>