2017年 01月 15日

ベニマシコ Ⅲ

今シーズンは手強いと何年言ってきただろう。
いつかは撮れなくなるか、心配である。
鳥撮りの諺「撮れるとき撮っておく、明日は無い」


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など


命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_20194332.gif



その2

d0290240_20195488.gif



その3

d0290240_20200946.gif



その4

d0290240_20202104.gif



その5

d0290240_20203916.gif



その6

d0290240_20214744.gif



その7

d0290240_20222145.gif



その8

d0290240_20223383.gif



その9

d0290240_20224699.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

今シーズン耳が痛くなる一番の寒さ、風花が舞っていた。
曇天を期待したが、陽が出て風があり、セイタカアワダチソウが揺れ、
期待できなので帰宅、こんな日もある。


d0290240_10294410.gif




d0290240_10295462.gif





by ichibannori | 2017-01-15 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ミサゴの木に留まるオオタカ Ⅶ      ノスリ Ⅷ >>