2017年 01月 08日

ベニマシコ Ⅱ

新春はベニマシコを主に撮りたいが、果たして叶うか。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など


命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_08352500.gif



その2

d0290240_08354061.gif



その3

d0290240_08354761.gif



その4

d0290240_08355313.gif



その5

d0290240_08360150.gif



その6

d0290240_08360742.gif



その7

d0290240_08363781.gif



その8

d0290240_08364984.gif



その9

d0290240_08370650.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

曇天の朝、氷点下の中、四時間待ってやっとセイタカアワダチソウに乗ってくれた。
寒い中、しびれを切らして帰るバーダーも居た。
10分以上アワダチソウを食べ、休日しか来れないバーダーも堪能できたようだ。
しかし悔いが残ることがある。
遠くの鳥友か撮りに来たいと話があったが、今日も四時間待ち、
撮れれば良いがリスクが有り過ぎで勧められないと、言った手前、心苦しい。

d0290240_15365764.gif



d0290240_15371299.gif



d0290240_15372902.gif






by ichibannori | 2017-01-08 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< だから「美しき湿原」なんです      ノビタキは美しき湿原にて  Ⅱ >>