野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 05日

コミミズク Ⅱ

今頃の時期になると河川敷の土手に現れるコミミズク
しかし毎シーズン同じ場所に来るとは限らない。
他のフィールドでもスポット的に見たとの情報もある。
MFにもシーズンになると見たという情報があるが北に向かう途中なのか、
頻繁に見たとの話はなくそれっきりなのだ。
今シーズンも時々、出合い頭に見るが、居ついているのか定かでない。
だから期待もしてなく、見られれば儲けものっていうことなのである。
そんなわけで記録写真は三回撮る事ができている。

漢字名:小耳木菟
英 名:Short-eared Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L36cm
時 期:冬鳥。
環 境:平地から山地の草原、農耕地、川原、埋め立地など。

命名の由来:ミミズク類は耳のように見える羽角(うかく)が特徴。
コミミズクは羽角が小さいので「小耳木菟」。

(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_17560386.gif



その2

d0290240_17561690.gif



その3

d0290240_17562688.gif



その4

d0290240_17563812.gif



その5

d0290240_17564950.gif



その6

d0290240_17570128.gif



その7

d0290240_17571056.gif



その8

d0290240_17571941.gif



その9

d0290240_17574147.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

鳥友のF氏の情報にてニシオジロビタキを撮る事が出来、感激である。
オジロビタキそのものは過去四回撮っているので遠慮していたが
雄の成鳥はとてもきれいでなかなか見られないということでプチ遠征である。
1月4日に初撮りで美しいベニマシコから始まり、
暮れの納めはニシオジロビタキである。
途中にレンカクもあったが。

d0290240_15153396.gif



d0290240_15162288.gif



d0290240_15163585.gif



d0290240_15165160.gif



d0290240_15170295.gif





by ichibannori | 2016-12-05 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by koganei at 2016-12-06 15:37 x
先日はプチ遠征お疲れさまでした。
この子はまだ綺麗になるとの噂もあり、
連泊・無事年越しをしてくれればと願っております。
桜絡みが見たいです・・・
Commented by ichibannori at 2016-12-06 16:44
Koganeiさん こんにちは

先日はお世話様でした。
楽しく撮る事が出来ました。
曇天に再チャレンジが出来ればと願っています。
Commented by gonzou_o at 2016-12-07 17:41
ichibannoriさん 今晩は。

いやぁ いいですねぇ(^^♪
色付きのオジロビタキすっごく可愛い。
思わず行こうかななんて考えてしまいます。
CMがたくさん集まった写真なんか見ると、気おくれがしてしまうので諦めます。
Commented by ichibannori at 2016-12-08 04:43
gonzou_oさん こんにちは

お久しぶりです。
綺麗な個体ですよ、人が多くても撮れると思います。
曇天であれば木の周囲から撮る事が出来、
もう一度行きたいと思っています。
名前
URL
削除用パスワード


<< new field かわせみ 23      ノスリ Ⅲ >>