野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 24日

アリスイ Ⅶ

これからはピンポイント
草紅葉を背景にねらう
湿原は徐々に晩秋から初冬に向かって冬鳥も到着している。
この湿原の下草が草紅葉風に向かい美しさも増す。
まさに「美しき湿原」である。
そんなシチュエーションにアリスイ有りである。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥

長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×6)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_20083837.gif



その2

d0290240_20085058.gif



その3

d0290240_20085858.gif



その4

d0290240_20090616.gif



その5

d0290240_20091458.gif



その6

d0290240_20092598.gif



その7

d0290240_20100217.gif



その8

d0290240_20101224.gif



その9

d0290240_20102465.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2016-11-24 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 木枯らし二号の空      ツツドリ  Ⅻ >>