野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 12日

湿原のマスコット 若いオオタカ Ⅰ

例年、多くの猛禽がやって来る「美しき湿原」
最近やっとメンバーが揃いつつ有ります。
その中で若いオオタカは幼いのか狩りが上手とは言えません。
しかし少しずつ成長しているようです。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥

本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
「せう」と呼ばれていた。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_19262705.gif



その2

d0290240_19263984.gif



その3

d0290240_19265099.gif



その4

d0290240_19265931.gif



その5

d0290240_19270978.gif



その6

d0290240_19271964.gif



その7

d0290240_19272953.gif



その8

d0290240_19274221.gif



その9

d0290240_19275620.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

  暖かい日の出を予想し、勇んで到着、暖かい。
  湿原を二周、対面からの朝焼けは格別だ、
  着替えているとS氏からオオタカの若が止まっていると、幸先がよい。
  その後アリスイはスルーしようとしたが近くに出てくれ、光が良かったので、
  とりあえずシャッター、なかなか良いではないか。
  その後青空を予想し、南側にスタンバイするが、雲行きがおかしい、
  風が吹き気温が下がる、チュウヒは飛ばない、その後北の空に珍鳥をS氏が発見、
  遠くだったのでピントが来ているか、チェックをしてみると、それなりか。
  帰っての楽しみが増えた。
  その後ノスリのサービスもあり、半日で帰路につく。
  北東に陣を張っていた人たちは、何も撮れなかったと思っていただろう。




  初冠雪から見ているが日ごとに雪がおおくなる

d0290240_15224324.gif
  


連射しなければ撮れない舌だし

d0290240_15231447.gif



  オオタカの若はいつものところに
  
d0290240_15234416.gif
 


 これからツグミも美しくなる

d0290240_15241339.gif



  青空のノスリは格別、今まで撮った絵は何だったのか

d0290240_15264934.gif
  


今シーズンほど色んなシチュエーションで撮れるノスリ


d0290240_15280657.gif




d0290240_15292962.gif




d0290240_15295866.gif




   鳥友たちの写真展に出品できたら、いけるかな

d0290240_15311468.gif




d0290240_15314687.gif







by ichibannori | 2016-11-12 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ヤマガラ Ⅰ      ノビタキは美しき高原にて Ⅷ >>