2016年 10月 03日

湯気が出ていたノビタキ Ⅰ

鳥友が沢山撮っているので、セイタカアワダチソウの先端が黄色に成るのを待っていた。
条件は曇天でいつもの逆光側でもきれいに撮れる日を待ちわび、今日の日になった。
なにせ夜明けを独りで撮りたく暗いうちに「美しき高原」に着く。
散歩がてら暗いうち見回るとモズやサギの活動しだしてきた。
器材を設定し、明るくなった(午前6時)それから鳥友の情報を頼りに動く。
居たのである、、昨年も独り占めした思い出の場所。
遠くから狙い、背景を探し少しづつ動く、こんなに広い高原でも、立ち位置は一か所。
約二時間独り占めして、自宅に着くと午前九時だった。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥

草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_10304720.gif




その2

d0290240_10310379.gif




その3

d0290240_10311514.gif




その4

d0290240_10312470.gif




その5

d0290240_10313803.gif




その6

d0290240_10320882.gif




その7

d0290240_10315238.gif




その8

d0290240_10322175.gif




その9

d0290240_10323562.gif





その10

d0290240_10324754.gif





その11

d0290240_10325850.gif









by ichibannori | 2016-10-03 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< new field かわせみ 14      オグロシギ Ⅱ >>