野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 07日

アオバズク Ⅳ

漢字名:青葉木菟
英 名:Brown Hawk-Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L29 cm
時 期:夏鳥


羽角(うかく)のあるふくろう類をウサギに見立てて「木兎」という。
羽角はないがズクの類で、青葉のころに現れるから「青葉木菟」。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より

(再掲載×2)




その1

d0290240_09244134.gif



その2

d0290240_09250240.gif



その3

d0290240_09251570.gif



その4

d0290240_09252596.gif



その5

d0290240_09253721.gif



その6

d0290240_09254893.gif



その7

d0290240_09255719.gif



その8

d0290240_09261029.gif



その9

d0290240_09262374.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


昨日は孫の相手をするためにプチ遠征は今日に順延。
  日の出前に休耕田を廻るが目的のセイタカシギに会えず。
  灌漑沼の水深が気になるが到着、すでにサギのコロニー化して、
  セイタカシギは居るのか、水深は田圃への水の供給も一段落して浅くなり、
  足の長いシギ類にとっては、その季節になったようだ。
  七羽のセイタンシギに会え初期の目的は達成する。
 
  今後はMFのカワセミも気になるが時々来てみたい。


d0290240_11261308.gif




d0290240_11262877.gif




d0290240_11264745.gif




d0290240_11270186.gif




d0290240_11272042.gif




d0290240_11275605.gif





by ichibannori | 2016-08-07 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 水辺の貴婦人 セイタカシギ Ⅰ      深い森にてツミを撮る Ⅻ >>