2016年 05月 25日

アマサギ  Ⅰ

漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々


夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
飴色とは赤褐色の水飴の色である。
『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より

この時期の田圃にアマサギは似合う。
婚姻色が強くなり橙色が緑に映える、近くで撮るのも良いが、やはり田園風景の中に
アマサギを置いて引いた絵が最高、少し遠いがピントはそれなりで良い。
近くに居た鳥撮り人は遠いから撮らないとか、人それぞれか。




その1

d0290240_10371439.gif



その2

d0290240_10372444.gif



その3

d0290240_10373537.gif



その4

d0290240_10374580.gif



その5

d0290240_10375844.gif



その6

d0290240_10381456.gif



その7

d0290240_10382509.gif



その8

d0290240_10383724.gif



その9

d0290240_10384797.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】





by ichibannori | 2016-05-25 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ハナウドとオオヨシキリ      ニュウナイスズメ  第六章 >>