2016年 04月 27日

コムクドリ

漢字名:小椋鳥
英 名:Chestnut-cheeked Starling
科 属:スズメ目/ムクドリズ科
全 長:L19cm
時 期:夏鳥

椋(むく)の樹洞に巣を作るから「椋鳥」であろう。
今では椋の木ばかりに営巣するわけではない。

本州中部以北、北海道と南部千島列島で繁殖。
フィリピン、ボルネオ島などで越冬する。
日本の準固有種と言っても良く、ムクドリよりも少し小さい。

この美しいコムクドリ、思い入れもあり、ただ撮っているだけでなく鳥の知識も蓄積したく、図鑑を調べた。

山と渓谷社刊 日本の野鳥 より




その1

d0290240_14373135.gif



その2

d0290240_14374279.gif



その3

d0290240_14375294.gif



その4

d0290240_14380256.gif



その5

d0290240_14381322.gif



その6

d0290240_14382478.gif



その7

d0290240_14383455.gif



その8

d0290240_14384565.gif



その9

d0290240_14385653.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】


  曇りの深い森は寒く暗い、MFでは曇天でオオルリやキビタキが良い光線で
  友は大漁旗か。
  この森は立ち位置は一か所、二人でも多い、帰り間際に先輩が見え、交代となった。
  少しづつ撮って積み上げれば良いだろう。
  今日も躍動感をひとつ。



d0290240_14491392.gif




d0290240_14492627.gif




d0290240_14493809.gif






by ichibannori | 2016-04-27 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ベニマシコ 22 第六章      モズ Ⅱ >>