野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 20日

ベニマシコ 20

花園シリーズ 第五章

フイールドのマスコット、単独行動の雌なんです。
いろんなパホーマンスを見せてくれます。



その1

d0290240_09301169.gif



その2

d0290240_09292078.gif



その3

d0290240_09302754.gif



その4

d0290240_09304286.gif



その5

d0290240_09305220.gif



その6

d0290240_09310487.gif



その7

d0290240_09311774.gif



その8

d0290240_09312980.gif



その9

d0290240_09314102.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

 一年ぶり、ツミの様子伺いに深い森にプチ遠征、今季は雄は若く雌と見間違うようだ。
 昨日までの経過を伺っていたので番い、ペアリングは確認できていないと言われたが、
 若雄が餌を初めて雌に与えるシーンを撮ることが出来、鳥見の方から今季初めてと言われ、
 初日にしてはまずまずの成果、週二日も好い出会いがあり、今週はノルマ達成。



   雌が二羽、牽制していると思っていたが

d0290240_13482910.gif
 


  こんなのしか撮れなく、先が思いやられると

d0290240_13484290.gif



  初めて若雄が餌を持ってくる

d0290240_13485636.gif




   裏側の模様が美しい

d0290240_13490853.gif



   餌渡しの瞬間、場所は羽が広げられて、飛びあがる空間を要する場所を
   選ぶとか。

d0290240_13492675.gif






by ichibannori | 2016-04-20 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 美しき湿原にて アリスイを撮る 20      アオジ >>