野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 31日

トモエガモ 60羽居たんです

県庁所在地に美しき湿原が有る、県北東部にもラムサール条約湿地があり、県境、県中央部にも大河が流れる、河川敷の流域面積は他の追随を許さない。
鳥類にとっても過ごしやすい環境にて、時には珍鳥も現れる。

トモエガモである。
本州以南の日本海側に多く渡来し、太平洋側には少ない。
太平洋側では、数か所て゜少数が定期的に見られる。他のほとんどの地域では迷行例があるだけ。
群れで生活するのが普通で日本海側の渡来地では多い時には500羽を超える。
しかし、渡来数は年によって変化が大きく、殆どが1、2羽~数十羽程度。
夕方に水田や河川などへ飛んで行き、イネ科の植物を食べる。

山と渓谷社刊 新版 日本の野鳥 より


こんな日、風が強く三脚を手で支え、しばらく一人ぼっち、後でわかったが常連さんは有名な探鳥地で極度に神経質なトラツグミを探していたとか。鳥友と二人、海のような湖面を鳥友と遠くを見ていた。

そんなトモエガモ、一羽でも大騒ぎするのに60羽である。
私たちの立ち位置では遠く、わからないままにシヤッターを切っていた。
鳥友がデジスコで確認し、トモエガモと言う、その時に対岸に野鳥の会関係者が確認していたとか。
後日お聞きし間違いは無かった。



その1   一羽の大きな絵はMFで昨年に半日滞在したトモエガモ

d0290240_15015555.gif



その2   紅葉が映り込み引き立つ

d0290240_15021028.gif



その3   ここから1月25日のドキュメントである

d0290240_15022787.gif



その4    

d0290240_15023632.gif



その5

d0290240_15024797.gif



その6

d0290240_15025715.gif



その7

d0290240_15030753.gif



その8

d0290240_15031717.gif



その9

d0290240_15032863.gif


【今日の一言】

  福士加代子さん おめでとう

  この日まで本当に長かった。
  青森のぶっ飛び娘、長距離選手として切れが良く見ていて楽しかった。
  20007年1月27の大阪国際女子マラソンは見ていて前半は凄く、
  どんな記録が出るだろうと思っていたが世の中そんなに甘くは無く惨敗であった。
  マラソンはなんてったって長い、長距離はアフリカ勢が強く、再度マラソンに挑戦
  その後は平凡な記録に終始していたが、
  今回記録としては、それなりだが、リオの選考には残ったと思う。
  埼玉で走った吉田さんは駄目だろうか。 

  明日は曇りの予報だが




by ichibannori | 2016-01-31 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by neko_tyan2 at 2016-01-31 21:36
水面の紅葉の映り込みが凄く綺麗ですね〜♪
Commented by ichibannori at 2016-01-31 21:46
neko_tyan2さん こんばんは

いつも風が無い時は映り込みを探して撮っています。
名前
URL
削除用パスワード


<< ミサゴ 17      コハクチョウ Ⅱ >>