2015年 11月 11日

美しき湿原なんです

今日は11月11日、「1111」色んな記念日で話題になっています。
私は10月7日を「美しき湿原記念日」にしました。今までにない鳥達が集合し、
中身が濃く、今後こんな日は無いだろうと、言うことで。
さて今日はと言うと、それに勝ると劣らず、そんな日でした。
アリスイは相変わらず、例年になく相性が良く、何回も飛んでくれたサンカノゴイ、
今季初見初撮りのベニマシコ、明日からも期待したい。


その1   夜明けはサギが餌場に向かう

d0290240_16314756.gif



その2   これからススキは逆光に映える アリスイ

d0290240_16320290.gif



その3

d0290240_16321658.gif



その4

d0290240_16322947.gif



その5   チュウヒは小食か中々飛ばない

d0290240_16324211.gif



その6   今シーズンもこの背景で何枚撮れるか  ベニマシコ

d0290240_16330145.gif



その7

d0290240_16333705.gif



その8   皆、この背景の黄色を狙っている  サンカノゴイ

d0290240_16332107.gif



その9   今日は曇天だが晴天の逆光に挑戦したい

d0290240_16340112.gif


【今日の独り言】

  横浜の杭のおはなし  その3

   杭工事は劣悪な環境で行う。
   現場作業員は監督員、杭打機のオペレーター、バックホウのオペレーター、手元2名
   合計5名で行う。
   穴の掘削は水を注入しながら行い、工事現場は汚泥に囲まれる。
   大量の汚泥が発生するので、バックホウで穴を掘り、汚泥に凝固剤を加え固める。
   作業は杭の継ぎ手に溶接を行うので、雨天の作業は出来ない。
   柱の下に杭を打つが、複数本打つ場合がほとんどで、単杭はまれである。
   現場写真は各作業の節目に大量の記録を撮る。
   ある意味写真をその都度撮っていれば、例の記録紙の補完になったかも知れない。





by ichibannori | 2015-11-11 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< セイタカシギ Ⅺ      かわせみ 1511-1 >>