2015年 11月 18日

緑がかる川にて  おしどりを撮る  Ⅰ

私の鳥撮りのスタンスは自宅から20㌔強である。
県内では目的の鳥を容易に巡り合うことが出来ないので。
年に1~2度、鳥友の計らいで県外に出掛ける。
通年は現役のバーダーより週2日ぐらい多いので、県内でも十分堪能できる。

今年の緑がかる川は昨年とは違い大きな変化が有った。
鬼怒川が9月11日の大雨による堤防決壊のニュースは大きな衝撃で有ったが、
この川も下流で堤防を崩されていた。
おしどりが集まる砂防ダム付近も上流から集まる土砂が堆積、水量は少なく、
環境を変えてしまった。
これから湧水と雪によって、元に戻ることを願いたい。



その1

d0290240_21055249.gif



その2

d0290240_21061604.gif



その3

d0290240_21064571.gif



その4

d0290240_21071507.gif



その5

d0290240_21074418.gif



その6

d0290240_21080126.gif



その7

d0290240_21082050.gif



その8

d0290240_21084206.gif



その9

d0290240_21090329.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

  ベニマシコのシーズンも始まった。
  色合いが日本的であり、薄紅色とは違うが、ソフトタッチの微妙な色合いである。
  これから早春まで短いレンズで楽しめる。
  毎日は行けないけれど、その時、会えれば好いのである。
  微妙な色合いゆえ、空気感を選ぶ、難しい被写体だ。
  晴天の昼間のベニマシコはありえない。
  晴れの早朝、曇天の昼間にこれから会いに行こう。


  今シーズン出逢ったライフワークのベニマシコなんです。

d0290240_11432182.gif



d0290240_11433838.gif



d0290240_11435731.gif





by ichibannori | 2015-11-18 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< キセキレイ Ⅰ      チュウヒ Ⅱ >>