野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 09日

セッカ 15



その1

d0290240_21265552.gif



その2

d0290240_21270927.gif



その3

d0290240_21272165.gif



その4

d0290240_21273387.gif



その5

d0290240_21274506.gif



その6

d0290240_21282810.gif



その7

d0290240_21284431.gif



その8

d0290240_21285608.gif



その9

d0290240_21291101.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

   横浜のマンションの杭のお話を その1

   建物を支持する硬い支持層は平ではないのです。
   先日オシドリを撮りに行った川も岩盤の上に砂利が堆積し、そこに上流から湧水が流れています。
   その両側は岩の傾斜で川を形成しています。
   その脇に旅館街が有ります、高さが変則ですが、平らになるまで、ラップルコンクリートで
   建物の基礎を形成し、建物を支持します。

   横浜のマンションも海に近く、支持地盤は山側から海に流れています。
   当然支持地盤は一定でなく、杭の長さも変わります。
   地質調査は概要を掴む程度の資料です。
   現場では手探り状態で杭の支持層を決定します。
   工期を短縮するとか、突貫工事はありえないのです。
   
   ちなみに支持層の確認の立ち合いは、すべての杭を工事監理者、建設業者、専門業者の
   監督員が立ち会います。
   横浜の現場では専門業者以外は立ち会っていないと想像できます。
   
   この絵の下が最下層で岩盤が見えます、そこから両側に岩がそりたち川を形成しています。
   その脇に建物が立っています。


d0290240_11223516.gif


   
d0290240_11230475.gif



d0290240_14174981.gif





by ichibannori | 2015-11-09 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< かわせみ 1511-1      ミサゴ Ⅸ >>