野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 05日

セッカ祭り

天気予報を信じ3時に月明りを確認
日の出が5時15分から逆算して4時30分に家を出る。
しかし様子がおかしい、東の空は雨雲、西に向かって行くが、
青空とはかけ離れている。
沼の水位はどうか、花火が終わり、下がっているかと思ったら、下がりすぎ。
水のある部分にサギが何百と、セイタカシギは隅っこに。
これでは写真にならないと、休耕田に向かうが水がない、一枚にはカモの行水、
シギチ類は居なく、曇りだら丁度良いだろうと、美しき高原に5時50分に到着した。
まさに静寂そのものだ。
いつもの所で待機していると雌が餌を運んでいる、
今まで気が付かなったが巣が有り近くでご機嫌斜めのようだ。
そうすると巣と思われる場所から幼鳥が一斉に離れ、葉に止まりやがて下にもぐる。
考えてみると最初に撮ったのも幼鳥で、2回に分けて巣立ちしたようだ。
雄は縄張りを守るだけで、餌は雌にまかせ、高みの見物のようだった。



その1
   
d0290240_09335834.gif


その2

d0290240_09341498.gif


その3  孫にも引けをとらない美形だ

d0290240_09342818.gif


その4

d0290240_09364549.gif


その5  稲刈り用機械に防滴カバー

d0290240_09365659.gif


その6  巣の近くで目があい、ご機嫌ななめ

d0290240_09370756.gif


その7

d0290240_09372282.gif


その8

d0290240_09374489.gif


その9

d0290240_09375817.gif




by ichibannori | 2015-09-05 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ハジロクロハラアジサシ Ⅸ      蓮かわせみ Ⅱ >>