野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 12日

アカエリヒレアシシギ Ⅰ

シギ科ヒレアシシギ属  全長18㎝  旅鳥

赤襟は、繁殖羽の雌の頸(くび)まわりの赤褐色の羽毛を襟に見立てたもの。
また、前に向いた3趾(し)「足の指」の基部に膜があり、
さらにオオバンの弁足のような小さな弁があるので鰭足(ひれあし)という。

山と渓谷社刊 野鳥の名前より

水辺の鳥の知識は皆無ゆえ、自分も勉強しながら紹介する。
ベテランバーダーによると中々見られぬという事で休耕田に赴く。
朝のうち、雨ゆえ条件が良くないと思ったが、これが良かった。
人が少ない、繊細な水鳥にはやわらかな光線で堪能出来た。
7種の鳥が居たが、名前や特徴は鳥友のブログを参考にさせて頂き、
野鳥の参考書を見て楽しむことが出来た。


アカエリヒレアシシギから紹介する


その1

d0290240_20090005.gif


その2

d0290240_20091330.gif


その3

d0290240_20092479.gif


その4

d0290240_20093806.gif


その5

d0290240_20094983.gif


その6

d0290240_20100209.gif


その7

d0290240_20101342.gif


その8

d0290240_20102485.gif


その9

d0290240_20103673.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

    4時に起き、空は満天の星、何ヶ月振りだろう、
    車に乗る前、改めて見上げれば金星がまぶしい。
    だんだん怪しげになってくる空を見ながら、好きな休耕田につく。
    セイタカシギが1羽、そしてもう1羽飛んできた。
    暗くてシャッター速度が上がらない、それでも何枚か撮ることが出来たが、
    沼の方へ飛び去り、休耕田を後にする。
    沼へ着くと、極端に水が少なく鳥がいない。次の田んぼも水が無く、
    結局最後はMFのセッカに会いに。ノビタキはいつになるか、
    各地、いつもと違う大水で戸惑っているのか、彼岸花が咲いてしまうではないか。




    日の出前レンズを押さえてやっと撮ることができた。

d0290240_10570951.gif




    東の空が赤くなって来たのにもう少しいてくれたら。

d0290240_10582750.gif




          4か所目なのに土手上から陽があたる

d0290240_10584858.gif

   


      得意なセッカ留り


d0290240_11001271.gif




by ichibannori | 2015-09-12 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ミサゴ  Ⅰ      サシバ Ⅰ >>