2015年 09月 07日

セイタカシギ Ⅵ

休耕田シリーズに入ります。
街から近くなのですが、車はバイパスを通りますが集中していると静か、
そして独りだから撮れるのです。
独りでも飛ばれないように遠くから撮っているんです。
複数人いたら警戒して撮れないかも知れません。
充分撮ったので近づくと、飛ばれます。しかし休耕田が4枚もあるので、
遠くには行かないんです。
至福のひと時をすごしました、次回は有るか。
光線が強くなり、後ろ髪を引かれる思いを断ち切り帰路に着く
しかし水は清く、空も蒼く、鳥も美しい。
誰にも追随させないライフワークなんです。

早朝は窓を開けて走るんです。
道の両側は黄金色に実った田圃、電気釜で炊いた時、
空気孔から洩れる新米の香りが鼻に入るんです。
この時期、毎年のことです。


その1

d0290240_08353877.gif


その2

d0290240_08355257.gif


その3

d0290240_08360410.gif


その4

d0290240_08361634.gif


その5

d0290240_08362893.gif


その6

d0290240_08364170.gif


その7

d0290240_08365307.gif


その8

d0290240_08370526.gif


その9

d0290240_08371827.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

    一年で一番多く雨が降る九月、梅雨時じゃないんです。
    誰に文句を言っても始まらない。
    メインのPCが故障、今日修理に、サブでも動くので、シギチ類の勉強。
    参考書と鳥友のブログを参考に2000枚以上のあるので、友みたいにバッサリ削除はしない。
    樽に漬け込み、熟成したのを一枚一枚見ている、眠くはなるが退屈にはならない。
    その内、みんながいやがる在庫品で登場させようと思っている。
    やはりデスクトップはいいな。



                      美しいタカブシギ

d0290240_10163414.gif





by ichibannori | 2015-09-07 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ツミ 20      ハジロクロハラアジサシ Ⅸ >>