野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 24日

ハジロクロハラアジサシ Ⅵ



その1

d0290240_06211062.gif


その2

d0290240_06212441.gif


その3

d0290240_06214118.gif


その4

d0290240_06220193.gif


その5

d0290240_06221963.gif


その6

d0290240_06223289.gif


その7

d0290240_06224776.gif


その8

d0290240_06230600.gif


その9

d0290240_06232499.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

聖地に行く。
  天気予報では一日曇りとか、かわせみ撮りには絶好だ。
  しかし、ままならぬ。
  四時半に着くと一面の朝靄、湿度が高く蒸し暑く最悪だ。
  でも良い出会いを信じて待機する。
  一番乗りの鳥友は毎日木道の掃除をする、釣りが本業の白い先輩は少し遅い
  ので私が二番に到着である。
  二人で待って居ると朝靄の中、幼鳥や雌が良い所に止まってくれた。
  このことを「早起きは三文の徳」と言うのだろう。
  その後予報に反して陽が強くなり退散とする。


    朝靄とは、こんな感じ。4時50分

d0290240_14245509.gif

d0290240_14251032.gif


    ファンタジーなんです

d0290240_14265200.gif



d0290240_14262760.gif



d0290240_14271897.gif


   よくアップで撮っている人がいますが、そんなに美しい鳥は居ません。
   しかしカワセミの幼鳥は赤ちゃんのように肌が美しいんです。

d0290240_14273614.gif


by ichibannori | 2015-07-24 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< コアジサシ Ⅶ      アオバズク Ⅵ >>