野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 12日

メジロ  Ⅰ

眼のまわりが白いので「目白」。
白色部分は刺繍をしているような質感「繍眼児」とも書く。

山と渓谷社刊  野鳥の名前より


河津桜の咲くころ、地元で撮ろうとしたがチャンスを逃し、
ニュウナイスズメと共に撮ることが出来た。
染井吉野が素晴らしく、メジロは「刺身のつま」で良いだろう。



その1

d0290240_10073941.gif


その2

d0290240_10075126.gif


その3

d0290240_10080890.gif


その4

d0290240_10082247.gif


その5

d0290240_10083659.gif


その6

d0290240_10084920.gif


その7

d0290240_10090010.gif


その8

d0290240_10091300.gif


その9

d0290240_10092641.gif


上記の写真は在庫品です。



【さらばベニマシコ】


   ついに旅立ったベニマシコ、半年もすれば会えるだろう。
   この場所は皆主役を張りたがって見栄をきる、なかなかのものだ。
   さて明日からは夏鳥を探して何処に。


    モクレンと紅葉の美しい事 

d0290240_15071758.gif


 
   この場所で一番絵になるカワラヒワ

d0290240_15011718.gif


d0290240_15013802.gif


     いつも主役はモズ様である

d0290240_15020709.gif


    これほど絵になるホオジロはいない

d0290240_15030012.gif




by ichibannori | 2015-04-12 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ニュウナイスズメ  Ⅰ      ベニマシコ  Ⅺ >>