2015年 04月 01日

シマアジ  Ⅰ

雄が縞模様なので「縞」、「味」はトモエガモの古名「味鴨」より。
山と渓谷社刊 野鳥の名前より

何年か前、キレンジャクが来た森に現れた、そのころ水鳥には興味がなく、
下に降りたアカゲラを撮っていて、鳥友から珍しいから、撮っていたほうが良いと、
言われたが、後の祭り、今回も鳥友の連絡で撮ることが出来た。
どういう鳥かわからない。
先日聞いたときは、不在だったが、鳥の特徴がわからなかった。
しかし今回は図鑑代わりにダブレツトを導入、検索して確認し、間違いなく撮ることが出来た。



その1

d0290240_06542939.gif


その2

d0290240_06553279.gif


その3

d0290240_06555044.gif


その4

d0290240_06560461.gif


その5

d0290240_06562607.gif


その6

d0290240_06565009.gif


その7

d0290240_06570845.gif


その8

d0290240_06572412.gif



その9

d0290240_06574036.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

新年度になりました。
   今シーズンも昨シーズン以上の鳥撮りをめざしています。
   意気込んで、出かけた今日は天気もイマイチで雨により帰宅、
   明日以降に期待です。

   こんなヒレンシャクを静かに撮れる環境が良いですね。
   森は静かになったかな。


d0290240_14000968.gif




by ichibannori | 2015-04-01 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< イカル  Ⅴ      ヒレンジャク  Ⅴ >>