2015年 03月 28日

美しき湿原にも ハクチョウ  Ⅴ

わが県に何か所かの白鳥飛来地がある。
毎シーズン楽しみにしている。
鳥インフルエンザが発生していない頃は、地元の市町村が管理をしていた。
鳥撮りを始めたころである。
ハクチョウがいる隣ではカワセミも来てバーダーを楽しませてくれた。
その頃でも犬を放し白鳥を興奮させる、嫌がらせも有った。
その後の年では鳥インフルエンザが発生し、餌付はしなくなった。
そして今年である、ボーガンの矢が刺さり死亡した。
仲間のコハクチョウは悲しみで北帰行を躊躇したとのことである。
最近のカメラマンは非常にマナーが悪い方が多くなっている。
そのせいか、嫌がらせが多くなっている。
カワセミの聖地でもボランティア保険を掛け、飛来地周辺の環境保持に努めているが、
それでも池の水を抜かれるなど、嫌がらせをうけている。
バーダーが大勢になると引いて見ると、恐ろしい集団に見えてくるのだろう。
MFでは休日は地元のバーダーは混雑を避け、行かない人が多い。
これからも穏やかに鳥撮りをしたい。



その1  一番乗りの世界である。

d0290240_10043491.gif


その2   周囲3㌔だれも居ない

d0290240_10045290.gif


その3

d0290240_10050750.gif


その4

d0290240_10051816.gif


その5    この冬一番の寒さで、ほぼ全面結氷をスライディングで着氷する。


d0290240_10053129.gif


その6

d0290240_10054514.gif


その7

d0290240_10055849.gif


その8

d0290240_10061100.gif


その9

d0290240_10062503.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

  今週は3回も鳥撮りをしているので、今月は待機しようと思っていたが、
  鳥友の先輩がホオアカを撮っているので自分も探そうと早く出陣したが、みつからなかった。
  後で聞いたら場所が違うと、幾日も無駄をしたようだ。
  その後、先日の情報も有り、ベニマシコに会いに行ったが、数は多かったが、空抜けばかり
  暗い曇天でいくら+補正しても色が良くでない。しかし、そのうち色々な処にも止まってくれ
  最後は下の背景の抜けたところで撮れ、昼飯抜きでも満足して帰宅出来た。



d0290240_16472178.gif



d0290240_16474295.gif



d0290240_16480954.gif


    
d0290240_16482757.gif



d0290240_16484429.gif





by ichibannori | 2015-03-28 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ハギマシコ  Ⅵ      Best pictureはカワラヒワ >>