野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 08日

冬の貴婦人 タゲリ  Ⅰ

「ケリリ」という鳴き声からケリ。
田の上で飛び降りする様子が、
里(距離の単位)を計っているようなもので「計里」とも。
タゲリのタは田である。

山と渓谷社刊 野鳥の名前 より

タゲリは美しい、だから美しく撮りたい。
近所でも撮れるが、飛行場の滑走路の芝生(整備された野草も)で餌を探し、時には飛び立つタゲリは美しい。
メタリックの繊細な羽根を朝夕の光を生かして撮りたい。
昼間のギラギラの光では写真にはならぬ。



その1

d0290240_07025127.gif


その2

d0290240_07030225.gif


その3

d0290240_07031438.gif


その4

d0290240_07032783.gif


その5

d0290240_07034056.gif


その6

d0290240_07042735.gif


その7

d0290240_07044572.gif


その8

d0290240_07050201.gif


その9

d0290240_07053049.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

昨日県外から帰る途中、友より情報が、しかし今日の予報はは悪く、
 すぐ行くのをあきらめた。
 しかし来週前半は病院通いでその後を考えたが、居なくなる可能性が高く、
 午前中の天気に期待して決行、しかし一番乗りはつらい。
 空は暗く、鳥が居るのかわからず、右往左往して、
 諦めかけた時、鳥を発見した。
 その後、友も来て、雨が降るまで撮ることができた。
 


 
d0290240_14390785.gif


d0290240_14394089.gif



d0290240_14395867.gif



d0290240_14402504.gif



d0290240_14404479.gif




by ichibannori | 2015-02-08 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 緑色がかる川にて おしどりを撮る Ⅷ      コハクチョウ  Ⅳ >>