2015年 01月 25日

北に20㌔へ行けば

公園の趣旨から外来種の植物は認めぬらしい。
セイタカアワダチソウも無くベニマシコの飛来は少なくなり、
普通の公園になってしまった。
森の奥行きが浅く、以前より鳥影が少なく、それでも探鳥地のメッカ、
鳥の遺伝子はすごい、忘れないで通うのである。
3年ぶりにお邪魔したがアトリの大群が迎えてくれた。

それから、ことも有ろうにこれから北へ40㌔先に行ってしまった。

その1  この公園にはアオゲラが居るのである。

d0290240_08091638.gif


その2  ヤマシギをさがしていると定番のシロハラ

d0290240_08093170.gif


その3   アトリの大群が
 
d0290240_08094407.gif


その4

d0290240_08095763.gif


その5

d0290240_08100816.gif


その6

d0290240_08102221.gif


その7

d0290240_08103319.gif


その8

d0290240_08104615.gif


その9

d0290240_08105860.gif


上記の写真は在庫品です



【先日のトピックス】

   みんなと同じ絵は撮りたくない、一番乗りだからである。
 3時半に起き、4時半にスタート、現地に6時に到着まだ真っ暗、
 6時半に東の裾のが橙色に染まり、鳥探しから始まる、なにせ独りだから。
 土手に上がると川にいたナベヅルが、土手下に降り撮り始める。
 しかし撮れるが暗すぎてノイズが、そのうち飛び出し橙色の空に入り、
 シルエットとなる、演出どうりだ。
 土手下に降り。東の低い日差しがナベヅルにあたる、順調だ。
 その後は陽が強くなり、赤い目を狙う、そして北の山々を背景を撮る。
 8時間も立ちっ放しで、満足し、快い疲れで帰路に着いた。




  6時40分ごろ快晴の朝は早く染まる

d0290240_15300068.gif



d0290240_15301727.gif


  6時45分ごろ

d0290240_15305067.gif



一部電線を削除(自然をありのままと言っておきながら)

d0290240_15310972.gif



d0290240_15312805.gif




by ichibannori | 2015-01-25 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ナベヅル ダイジェスト版      オオタカ  Ⅵ >>