2015年 01月 04日

美しき湿原にて  ミコアイサ Ⅰ 

湿原としては、それなりの大きさだ。
コミミズクも出没するし、コハクチョウも数は少ないが立ち寄る。
ミコアイサも昨年末には雌が複数羽来ていたが、やっと雄が定着したようだ。
しかし撮るとなると、距離がある。
他にも来ている情報がなく、貴重な出会いである。
数通わないと良いのは撮れない。

「オオハクチョウとサンカノゴイも同じ場所である」


その1

d0290240_10341257.gif


その2

d0290240_10342694.gif


その3

d0290240_10344029.gif


その4

d0290240_10345379.gif


その5

d0290240_10350752.gif


その6

d0290240_10352159.gif


その7

d0290240_10353562.gif


その8

d0290240_10355032.gif


その9

d0290240_10360582.gif


上記の写真は在庫品です



【今日のトピックス】

初撮りである。
 夜明けの飛翔を撮るために日の出前にスタンバイ。
 この美しき湿原に行き始めて初めての体験だ、耳が痛くなる寒さだ。
 当然ほとんどが結氷している。
 鳥が動けない、しかしすこし凍っていない部分を白鳥がすすんで、
 結氷していない所に移動したいようで、目の前に飛び降りる。
 雪原にスキーを履いたセスナが降りるようだ。
 氷上に降りてしまった。そのうちに動けず、元に飛び去った。
 最近サンカノゴイかよく見かける。
 ついに2羽同時に確認出来た、1羽は良く見える場所に2時間居座る。
 しかし被りはある、全身を色んなポーズをして大勢のバーダーを
 楽しませてくれた。
 静かなところに行くと思ってたが、静かで無かった。


 スキーを履いてスライディング

d0290240_16550179.gif


 
 全身の止まりものは初めての経験しかも2時間
 
d0290240_16562172.gif



d0290240_16563625.gif




d0290240_16565305.gif



d0290240_16570954.gif



d0290240_16572322.gif




by ichibannori | 2015-01-04 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ノスリ  Ⅰ      まれにハイタカ >>