2014年 11月 15日

オオタカ  Ⅰ

本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ。
雄は雌より小さく、「せう」と呼ばれていた。
山と渓谷社刊 「野鳥の名前」より


その1

d0290240_08474449.gif


その2

d0290240_08475815.gif


その3

d0290240_08481453.gif


その4

d0290240_08483492.gif


その5

d0290240_08484851.gif


その6

d0290240_08491193.gif


その7

d0290240_08492456.gif


その8

d0290240_08493856.gif


その9

d0290240_08495861.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

今日も懲りずに遠征に出掛けた。
 天気は真冬仕様
 曇天からみぞれ風の雨、気温5℃、冷たい川風、よくも揃ったものだ。
 しかしめげないのが鳥撮りの真骨頂、
 朝一番で行けば運がおのずと。
 
 
d0290240_17464769.gif


d0290240_17470270.gif


d0290240_17472277.gif


d0290240_17473721.gif



d0290240_18045069.gif



d0290240_18050477.gif





by ichibannori | 2014-11-15 18:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by koganei at 2014-11-16 07:46 x
おはようございます。
美しき沼の今シーズンの主役の一羽ですね。
霧が晴れるのを待ってたご褒美かな。
渓谷への撮り直し成果があったようで良かったですね。
Nさん、今回は満足なのかな・・・・・
Commented by ichibannori at 2014-11-16 13:12
koganeiさん こんにちは

シーズン当初オオタカの若は3羽居たんですが、成長とともに活動も活発になり、近くに1羽のみいて、時々狩にきています。

Nさんは青空の映り込みと紅葉の場面もと思っているようでした。
 私なんどが2回の遠征で贅沢を言っては罰があたります。
少し世間が広くなれば良いのです。 
名前
URL
削除用パスワード


<< このすばらしき世界  Ⅱ      ミサゴ  Ⅴ >>