野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 13日

今年もアマサギを  Ⅰ

足しげく通う田圃
毎年田植えの終わって、少し稲が伸びた田圃で、
アマサギを撮りたいと願っているが、思うように行かない。
その時期オオヨシキリ、カッコウ、コヨシキリ、ヨシゴイとか
撮るチャンスガが多いので、いつかは会えると思って通う。
年1回のチャンスが誰もいない早朝に会った。
神経質な鳥たちなので一人が良い。
遠くから撮影をはじめて少しずつ距離を詰めていく。
相当遠くから狙っているが、鳥たちは後退していく。
午前5時30分ごろの直射は土手からやっと揚がった陽で弱く斜めで影がでない。
そんなひと時の記録である。


その1

d0290240_11172360.gif


その2

d0290240_11173907.gif


その3

d0290240_11175446.gif


その4

d0290240_11180943.gif


その5

d0290240_11182700.gif


その6

d0290240_11184359.gif


その7

d0290240_11185781.gif


その8

d0290240_11191237.gif


その9

d0290240_11200425.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

  朝3時に外を見ると満月だ、4時に起きパソコンで天気をチェックすると
 風1m、絶好の鳥撮り日だと思い出かけるが、現地はさざ波が立っている。
 しかし快晴で水は青い空が映り、曇天とは又趣が違う。
 風の状況が変化するが、鳥たちの行動はいつもと違っていた。
 ままならぬ
 遠方から見えた鳥友の成果はどうだったか。

d0290240_16020296.gif



d0290240_16022040.gif




by ichibannori | 2014-06-13 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ピンポイントで会えたコヨシキリ...      フクロウ  Ⅴ >>