野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 09日

切れがある  Ⅵ

このところ多くの場所で確認されていますが、
水草周りを撮るので有ればこの場所がBest
それとセイタカシギが待たれます。


その1

d0290240_06592850.gif


その2

d0290240_06460094.gif


その3

d0290240_06461365.gif


その4

d0290240_06463178.gif


その5

d0290240_06464616.gif


その6

d0290240_06470323.gif


その7

d0290240_06471831.gif


その8

d0290240_06473433.gif

その9

d0290240_06475271.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

  梅雨の谷間のひと時を田圃を訪れる。
  鳥の生活も日々変化が有ると思っていたが、
  やはり前に訪れた時とは全然違う。
  抱卵が始まったのか、鳥の朝が遅い。
  水分をたっぷり吸った空気で朝靄もあり、梅雨時の朝だ。
  鳥の出は私にとっては十分だった、陽が強くならないうちに帰路に着く。


d0290240_14481136.gif


   梅雨の谷間にカッコウが

d0290240_14483295.gif




by ichibannori | 2014-06-09 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< タマシギ  Ⅴ      湧水の里  宿命か >>