野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 03日

切れがある  Ⅴ

まさに水田稲作のための灌漑沼
そこに色々な生物が営んでいる、
美しいコアジサシも仲間だ、
セイタカシギも待ちどうしい初夏であり
恵みを与えてくれる梅雨入りも、そこまで来ている。


その1

d0290240_09274278.gif


その2

d0290240_09275754.gif


その3

d0290240_09281385.gif


その4

d0290240_09282881.gif


その5

d0290240_09284324.gif


その6

d0290240_09290095.gif


その7

d0290240_09291649.gif


その8

d0290240_09293239.gif


その9

d0290240_09295075.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日の独り言】

  曇天で写真を撮るには光は良いと思うが、
  昨日の成果をニヤニヤしながら整理をしている。
  そろそろサンコウチョウのシーズンになったが
  昨年の反省を踏まえて自重している。
  巣作りや抱卵の時に行くと鳥も神経質になり、
  巣を放棄する例も、あった。
  地元の人たちの努力を台無しにするゆえ、
  行くのだったら巣立ち近くに行こうと思う。

  昨年巣立ちの日の記録を

d0290240_15371554.gif
 





by ichibannori | 2014-06-03 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< タマシギ  Ⅳ      誰も撮らない ゴイサギ(五位鷺) >>