2014年 06月 01日

ツミ  Ⅳ

この森のツミの番い、
とても美しいのです。
早く良い遺伝子を継承する雛の誕生が待たれます。


その1

d0290240_13321539.gif


その2

d0290240_13323277.gif


その3

d0290240_13324755.gif


その4

d0290240_13330768.gif


その5

d0290240_13332539.gif


その6

d0290240_13333945.gif


その7

d0290240_13335408.gif


その8

d0290240_13340852.gif


その9

d0290240_13342488.gif


上記の写真は在庫品です。


【先日の思い出】

  清々しい朝、5時過ぎると活動するカッコウ、ヨシキリ達
  独りファインダーを覗いていると、中学生ぐらいの少年が自転車で近かずく。
  「何してんですか」
  「小鳥を撮ってるんだよ、小さなきれいな鳥だよ」
   撮った液晶をのぞかせる
  「かわいいですね」
   鳥やカメラのやその他、色々話し、少年も頷き、話もはずむ、
   そしてシャッターを押させ、感動したようだ。
   近い将来(鳥くん)もどきになるか楽しみだ。
   自分では若いと思っているが少年から見ると爺さんだ。
   そんなヤングと、だいぶ経ったヤングの爽やかな朝のポエムかな。

d0290240_15410382.gif

d0290240_15411959.gif


by ichibannori | 2014-06-01 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 誰も撮らない ゴイサギ(五位鷺)      フクロウ  Ⅲ >>