野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 06日

春爛漫を撮る

今シーズンの春の訪れは遅かった。
ここ何年か通っているお花畑は正月から時々チェックを入れていた。
しかし大雪が2回降り、畑に恵みも与えてくれて、土壌もしっとりして植物も
育つのに良いであろう。
三寒四温とはよく言ったもので、毎日変化が激しい。
妻がダウンを洗濯屋に出すよ、と言うので、少し待ってくれと言ったが
それが正解。GWまで待つのが正解か。去年の戯言も同じであった。
そうしてても春は過ぎてゆく。
ここに育つ生き物の記録の始まりである。



その1    ボケ畑の中に立ち、東西に有名な水路、南にブルーベリー畑、 北に多種の植木畑
       そんな中に淡い色彩がまぶしい


d0290240_07270673.gif


その2    早朝はキジたちが乱舞する


d0290240_07273162.gif


その3    だんだん増えているようだ


d0290240_07280534.gif


その4    カワラヒワも負けずに美しい


d0290240_07283852.gif


その5   みんな春だ


d0290240_07323736.gif


その6    ホウジロもベニマシコに負けずに美しい


d0290240_07291136.gif


その7    ヒヨ君もこうして撮ると良い感じ


d0290240_07293108.gif


その8    メスが多い 

 
d0290240_07295198.gif


その9    やっとオスを見つけた、毎年こんな感じでオスを発見する


d0290240_07301174.gif


上記の写真は先週前までの在庫品です。


【追伸】
この場所は手強い、遠くの鳥友に撮りに来てはと連絡したが、
    短じかい時間では、ほとんど撮れないので、後で条件が良くないと、
    見合せたほうがよいとお願いした。
    この場所でまともに撮っているのは、一握りの人である。
            鳥友のブログに美しい写真を掲載されると思うが、
    撮れたのは早朝のワンチャンスである。
    少人数で鳥から距離を保たないと、警戒されて出てこない。
    朝5時過ぎから午後4時ごろを連日通った記録で、かわせみの給餌シーン、
    コミミズクの菜の花がらみも撮りたかったが、
    また珍鳥にも出会うことも無かった。


 
  


by ichibannori | 2014-04-06 18:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by Koganei at 2014-04-07 05:22 x
ichinannoriさん、おはようございます。
このポイントはこの先もお仲間だけの聖地であることが
一番だと思います。
暫くの間、花とベニマシコが皆様のブログで
楽しめそうですね。

Commented by ichibannori at 2014-04-07 15:22
koganeiさん こんにちは
そうなんです、手強いんです。
今日も5時15分に到着すると、霜が降りていたので、多分0度ぐらいかと思いました。
それでも北帰行の準備か、体力の温存か、出てくれませんでした。
そのかわり、美しい花を撮り、早めに家路につきました。
これから、菜の花ノビタキのシーズンになりますが、春は通過が早く、
滞在は1~2日で北に向かうようです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 新年度を迎え、美しい写真とは      コミミズク 15 >>