2014年 02月 24日

これがトラツグミ

北に20㌔の公園で何年か前に居るとか聞いたが、撮ることは出来なかった。
その後、地元のMFでも撮れるようになり、最初はとにかく撮れれば良しとし、
次は枝乗りと、だんだん要求が高くなりました。
兎に角、良い写真をと思い、今シーズンは様子を伺っていた。
そこへ雪が降り、友から連絡を受け、早速駆け付けた。

その1
d0290240_21582080.gif


その2
d0290240_7392530.gif


その3
d0290240_7393616.gif


その4
d0290240_7394718.gif


その5
d0290240_7395840.gif


その6
d0290240_7401116.gif


その7
d0290240_7402238.gif


その8
d0290240_7403426.gif


その9
d0290240_7404936.gif


上記の写真は積雪後の恩恵を受けた在庫品です。


by ichibannori | 2014-02-24 18:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by 赤いガーベラ at 2014-02-25 10:24 x
こんにちは。
雪がらみと水際のトラツグミさん、風景が入っていてどんなところで暮らしているか分かっていいですね。
やはり引いた画は図鑑の拡大ずよりずっといいですね。
仕方ない場合もありますが・・・私も極力引いてきれいな画像をと心がけるようになりました。
一番乗りさんの影響かなと思います。
Commented by ichibannori at 2014-02-25 15:11
akaiga-beraさん こんにちは
この公園の広場に出てくれた場合は、景色を入れて撮れます。
ほとんどのトラツグミは雑木林の下を歩いているのが多く、
トリミングをしないと、使えないですね。
接近戦は大砲の方たちに任せ、328の特徴を最大限に生かそうと工夫しています。
I沼のヘラサギも大砲軍団は接近すると羽が切れますが、
328は映り込みまで入ります。
名前
URL
削除用パスワード


<< コミミズク Ⅶ      美しき沼にて シロチドリか? >>