野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 05日

ヒレンジャク  その4

今シーズンも沢山撮りました。
親木、宿り木 活き活きしています。
盆栽見たいに手入れされています。



その1
d0290240_17141258.gif


その2
d0290240_17143029.gif


その3
d0290240_17144367.gif


その4
d0290240_17145323.gif


その5
d0290240_1715775.gif


その6
d0290240_17151791.gif


その7
d0290240_17152943.gif


その8
d0290240_17154381.gif


その9
d0290240_17155680.gif


by ichibannori | 2013-04-05 20:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by white_001 at 2013-04-05 21:03
こんばんは♪

ヒレンジャクって、どこか、マンガチックな鳥さんなのですね^^
何の木なのでしょう。
少し変わっていますね。
木に寄生している草のようにも見えますね。

Commented by ichibannori at 2013-04-05 21:36
空さん こんばんは
宿り木に来るがひょうきんな鳥です。
宿り木の果実は早春に鳥に食われます。
果実の内部は粘りがあり、種子はそれに包まれているため、鳥の腸を容易く通り抜け、長く粘液質の糸を引いて樹上に落ちる。その状態でぶら下がっているのが見られることも多いです。
粘液によって樹皮上に張り付くと、そこで発芽して樹皮に向けて根を下ろし、寄生が始まります。
宿主樹木は相当元気出ないと、宿り木に浸食され、枯れてしまうそうです。
歌舞伎で弁慶が見得を切る仕草ににています。
2013年1月1日の絶景かな、絶景かなをご覧ください。
名前
URL
削除用パスワード


<< 品のある紅猿子に会えました      朝靄を撮る >>