野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 20日

初冬のかわせみ Ⅲ

初冬になると春の疲れから一遍、美しくなります。

しかし段々と寒くなり魚は下に潜り捕りづらくなりそうです。


漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_16402706.gif



その2

d0290240_16403523.gif




その3

d0290240_16404419.gif




その4

d0290240_16405144.gif




その5

d0290240_16405821.gif




その6

d0290240_16410513.gif




その7

d0290240_16413780.gif




その8

d0290240_16414874.gif




その9

d0290240_16420213.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

地元の朝の気温1℃、今期一番の寒さを更新する。

ウォーキングは事情により午後に行う。

曇天から西の空は夕日が見られた。

地元の洋蘭店を見学、地方発送に忙しく大型トラックに積み込んでいた。


曇天に夕日が映り込む

d0290240_16550937.gif


レタス畑背景にダイサギ
d0290240_16552598.gif


葉ボタンの畑は美しい
d0290240_16554439.gif



d0290240_16555964.gif


わが街新都心のシンボル、ドコモタワー
d0290240_16562153.gif



帰りぎわにクロホオズキを撮る
d0290240_16563905.gif







# by ichibannori | 2017-11-20 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 19日

湿原のノビタキ Ⅳ

寒い朝も元気で近所の草取りを1時間した後、昨日のクロホオズキを撮ろうと思ったが

天気が良すぎて影ができるので断念する。

午後はウォーキングに。


さて「ノビタキ」はどこまで南下したか、対馬から大陸に渡ったか、菜の花の咲くころに再会したい。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥
命名の由来:草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
      雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 




その1

d0290240_17100478.gif




その2

d0290240_17101483.gif




その3

d0290240_17102239.gif




その4

d0290240_17102965.gif




その5

d0290240_17103681.gif




その6

d0290240_17104490.gif




その7

d0290240_17112045.gif




その8

d0290240_17113165.gif




その9

d0290240_17114414.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】


午後のウォーキング

風も止み、冷たい空気は心地よい、それでも家に到着すると汗びっしょり。


アオサギとダイサギと東京スカイツリー

d0290240_16010969.gif


定点観測、お気に入りの場所

d0290240_16012468.gif


田んぼもお休みです

d0290240_16020948.gif


レタス畑、近くのネギも良い育ち、野菜は値が上がっているとか
d0290240_16030335.gif







# by ichibannori | 2017-11-19 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 18日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅷ

昨年は美しき湿原は日本一の背景と自画自賛したが、日本も広いのであろう、

「どれが日本一」と言われた、いいのである、日本一と思っているのだから。

猛禽に小鳥も背景が抜け見下げで撮っているから晴れの日は水面は碧く、色も変化する。

今までは葉も映り込み緑もよかったが、これからは寂しくなる。

そんな湿原に毎年やってくるアリスイ、最近は落ち着いてあまり顔を出さない。

撮り貯めした絵をこれからも春まで掲載する。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥


命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前



その1

d0290240_20451759.gif



その2

d0290240_20452885.gif




その3

d0290240_20453740.gif




その4

d0290240_20454563.gif




その5

d0290240_20455308.gif




その6

d0290240_20460113.gif




その7

d0290240_20463375.gif




その8

d0290240_20464322.gif




その9

d0290240_20465380.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

トピックスは花です。

暗い朝、開けぬ夜はないと言うけれど、やはり暗い。

鳥撮りも一段落、真冬の鳥撮りに備えて体力づくりにウォーキングを行っている。

そんなとき昨日、「クロホオズキ」と言う花を発見、曇天の今日がベストと思い、

一眼レフに自慢の大三元(70~200×F2.8)を一脚につけて慣行、暗い曇天であったが

なにせF2.8影もなく最高の花撮り日になった。

花撮りの専門家はどう言う日に撮っているのか。


d0290240_10565752.gif


d0290240_10571234.gif


d0290240_10572653.gif


d0290240_10574907.gif


d0290240_10584622.gif


d0290240_10590155.gif








# by ichibannori | 2017-11-18 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 17日

2分間のドラマ その2 ミサゴ  Ⅺ


台風が来る前の湿原は水位が低かった。
これから冬のカモ、主に潜水カモにはもっと水深ががほしいと思っていた。
そのころミサゴがやってきました。
深いところを選んで、そんな条件に飛び込む場所に立ち位置が良く、
短いレンズでも撮ることが出来た。
飛び込みから場外に去るまで2分間、飛び込みの瞬間から10枚/秒を駆使し、水から離れる頃からは、
ピントが抜けないように撮ったが結果はピンボケの大量生産、その中から50カットを二日に分けて掲載する。
なにせソフトフォーカスは一枚で勝負出来ないので容赦願いたい。

漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する
命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 


その26
d0290240_13073862.gif
その27
d0290240_13075360.gif
その28
d0290240_13080506.gif
その29
d0290240_13081722.gif
その30
d0290240_13082892.gif
その31
d0290240_13084239.gif
その32
d0290240_13085469.gif
その33
d0290240_13090879.gif
その34
d0290240_13091858.gif
その35
d0290240_13092970.gif
その36
d0290240_13094614.gif
その37
d0290240_13095859.gif
その38
d0290240_13101126.gif
その39
d0290240_13102479.gif
その40
d0290240_13103907.gif
その41
d0290240_13105182.gif
その42
d0290240_13110262.gif
その43
d0290240_13111633.gif
その44
d0290240_13112792.gif
その45
d0290240_13114017.gif
その46
d0290240_13115694.gif
その47
d0290240_13120553.gif
その48
d0290240_13121678.gif
その49
d0290240_13122906.gif
その50
d0290240_13124060.gif


【今日の散歩】

所用により午後からウォーキング、朝と景色が違って戸惑う。
近所の畑で珍しい華を発見、「クロホウズキ」という初めて見た花

学名: Nicandra physalodes Violacea
分類: ナス科 オオセンナリ属
原産: ペルー
花期: 夏から初秋
花は筒状で、花弁の先が浅く5裂している。 花弁の先の方は薄紫色で、中は白色。
花弁の付け根に濃い紫色の線が入るものもある。
葉は互い違いにつき(互生)、卵型で、先が尖り、縁は大きな鋸歯。 草丈は40~60cmほど。
クロホオズキはオオセンナリの園芸種で、苞には黒紫色が広がっていて、茎も黒紫色。苞の写真

d0290240_16282776.gif


d0290240_16283542.gif




# by ichibannori | 2017-11-17 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 16日

2分間のドラマ その1 ミサゴ Ⅹ

台風が来る前の湿原は水位が低かった。

これから冬のカモ、主に潜水カモにはもっと水深ががほしいと思っていた。

そのころミサゴがやってきました。

深いところを選んで、そんな条件に飛び込む場所に立ち位置が良く、

短いレンズでも撮ることが出来た。

飛び込みから場外に去るまで2分間、飛び込みの瞬間から10枚/秒を駆使し、水から離れる頃からは、

ピントが抜けないように撮ったが結果はピンボケの大量生産、その中から50カットを二日に分けて掲載する。

なにせソフトフォーカスは一枚で勝負出来ないので容赦願いたい。



漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する
命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 





その1

d0290240_11314912.gif


その2

d0290240_11315864.gif


その3

d0290240_11320577.gif


その4

d0290240_11321531.gif


その5

d0290240_11322413.gif


その6

d0290240_11323277.gif


その7

d0290240_11330490.gif


その8

d0290240_11331654.gif


その9

d0290240_11333122.gif
その10

d0290240_11334726.gif

その11

d0290240_11340173.gif

その12

d0290240_11353023.gif

その13

d0290240_11354680.gif

その14

d0290240_11355647.gif

その15

d0290240_11360768.gif

その16

d0290240_11361803.gif

その17

d0290240_11362956.gif

その18

d0290240_11364029.gif

その19

d0290240_11370012.gif

その20

d0290240_11370904.gif
その21

d0290240_11372019.gif

その22

d0290240_11373153.gif

その23

d0290240_11374124.gif

その24

d0290240_11375461.gif

その25

d0290240_11380854.gif


【ニュース】

NHK午後4時のニュースによると青森県で「オジロワシ」の繁殖を日本野鳥の会青森支部で確認された。






# by ichibannori | 2017-11-16 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 15日

カワラヒワ Ⅰ

留鳥で夏はヒマワリの花に来るのを撮って居ますが、

この時期、団体さんで飛んできます。

湿原の枯れ木に止まるんですが、枝をつついて、虫でも探して居るようで、

飛ぶとき、止まるときを置きピンでねらいます。

成功すれば、羽を広げたときの絵が撮れ大満足です。



漢字名:河原鶸
英 名:Oriental Greenfinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15 cm
時 期:留鳥(漂鳥)または冬鳥


命名の由来:語源「ひわかし」は「可憐で若々しい」という意味。
        ヒワの体色から黄緑色を「ひわ色」という。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_17144808.gif



その2

d0290240_17145665.gif




その3

d0290240_17150352.gif




その4

d0290240_17151102.gif




その5

d0290240_17152035.gif




その6

d0290240_17152893.gif




その7

d0290240_17160201.gif




その8

d0290240_17161320.gif




その9

d0290240_17162361.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

家を出ると靄っていた、慎重に運転しなくては、フォグランプをつけ時間を掛け到着。

湿原を見晴らすと新都心は見えない、幻想的な写真を期待をしたが。

周回道路を1/3過ぎたところで電車を撮る、朝焼けは無理のようだ。

カンムリカイツブリを撮るが近くても解像しない。

ベニマシコポイントで待機し、地鳴きが聞こえ、移動するとき高い枝にのる。

ワンチャンスを物にし、それで終わってしまった。

帰るまで湿原は靄って、こんな日もある。




こんな絵を撮りたく早起きをする

d0290240_14183638.gif



鳥友と会い驚く、早起きの証拠になった
d0290240_14184948.gif



一瞬赤味が出たが
d0290240_14190674.gif



これが精一杯
d0290240_14191909.gif




d0290240_14193332.gif



カンムリカイツブリ、どうでしょうか
d0290240_17100870.gif





# by ichibannori | 2017-11-15 14:30 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 14日

オオタカ  Ⅷ

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥
命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より





その1

d0290240_13233173.gif




その2

d0290240_13240270.gif




その3

d0290240_13243134.gif




その4

d0290240_13252025.gif




その5

d0290240_13255183.gif




その6

d0290240_13262056.gif




その7

d0290240_13265099.gif




その8

d0290240_13272023.gif




その9

d0290240_13275042.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】





# by ichibannori | 2017-11-14 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 13日

湿原のノビタキ Ⅲ

猛禽を追っかけるため、ISOは高め、F5.6、シャッター速度1/000で撮っています。

嵌ればよいのですが、これもニコンD500の感度耐性によるものです。



漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥

命名の由来:草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
      雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
     (再掲載×2)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 




その1

d0290240_10333863.gif



その2

d0290240_10340271.gif



その3

d0290240_10341228.gif



その4

d0290240_10342237.gif



その5

d0290240_10343409.gif



その6

d0290240_10344623.gif



その7

d0290240_10345609.gif



その8

d0290240_10350820.gif



その9

d0290240_10353348.gif



その10

d0290240_10354288.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

湿原の鳥撮りは仕切り直し、冬モードに突入

今朝はリキが入っていました、広角レンズをふせて携帯し、魔法瓶にお湯を入れ、

かつ冷たいお茶も総重量15キロを持ち、湿原を一周、普段のウォーキングのおかげで苦にも成らず、快適でした。

スタートする前にもう少し準備時間がほしかった。

定番の新都心と朝焼け電車を広角レンズで納め、

今日のメインはカンムリカイツブリ、撮れたが、課題も残る。

ベニマシコスポットで5時間すごし、初日としては、こんなものか。

次回の課題も残し、明日は雨か。




18㎜のレンズでD500は1.5倍、快晴で星も見えて気に入っています、手前に三日月が輝いています

d0290240_13414677.gif




d0290240_13425320.gif



今日のテーマはカンムリカイツブリ

d0290240_13451096.gif




d0290240_13454116.gif




d0290240_13460003.gif





d0290240_13461506.gif




d0290240_13463647.gif



初日のベニマシコ
d0290240_13465771.gif




d0290240_13471247.gif






# by ichibannori | 2017-11-13 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 12日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅶ

漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥

命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前



その1

d0290240_09350621.gif




その2

d0290240_09351676.gif




その3

d0290240_09352650.gif




その4

d0290240_09353808.gif




その5

d0290240_09354776.gif




その6

d0290240_09355715.gif




その7

d0290240_09360817.gif




その8

d0290240_09361730.gif




その9

d0290240_09362769.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のひと言】

出遅れと、コンデジにSDカードが入ってなく、引き返し歩数を稼ぐことは出来たが、

朝焼けに間に合わなかったが、北風の身に閉まる心地よい朝であった。

こんな日もあると慰め帰路につく。

明日は何処へ。



遅かった朝焼けに間に合わず

d0290240_09355491.gif



空気が澄んでスカイツリーも良く見える
d0290240_09362307.gif


定点のお気に入りスポット

d0290240_09363119.gif



植木農家の方々も忙しく働く
d0290240_09364132.gif



ススキも終わりのようだ
d0290240_09364961.gif



紅葉も盛りを過ぎる
d0290240_09365713.gif






# by ichibannori | 2017-11-12 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 11日

時々来るんです ミサゴ 特別編 その2

その2です。

魚を捕まえたのも撮っているんですが、その後のお楽しみにしたいと思います。

絵はソフトフォーカス、何せ300㎜のレンズに2倍のテレコンバータを付けて撮っているんですから、

600㎜には及びません。

風が強く空気が澄んでいると、驚く絵も年に何回か撮れることもあるんです。



英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する


命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より




その11

d0290240_10470798.gif



その12

d0290240_10471842.gif




その13

d0290240_10472852.gif




その14

d0290240_10474056.gif




その15

d0290240_10475041.gif




その16

d0290240_10481285.gif




その17

d0290240_10482465.gif




その18

d0290240_10483390.gif




その19

d0290240_10484511.gif




その20

d0290240_10490338.gif




上記の写真は在庫品です。







# by ichibannori | 2017-11-11 19:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 11日

時々来るんです ミサゴ 特別編 その1

10月初旬からやって来る。

湿原は水も少なく近くに飛び込んでくれました。

成鳥です。

飛び込みから飛び上がりまで連写をしました、これもニコンさんのおかげです。

50連写ほどしましたがその中から20カットを本日その1,その2に分けて掲載します。



英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する
命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


その1

d0290240_10260998.gif



その2

d0290240_10261895.gif




その3

d0290240_10262696.gif




その4

d0290240_10263458.gif




その5

d0290240_10264527.gif




その6

d0290240_10265396.gif




その7

d0290240_10273411.gif




その8

d0290240_10275018.gif




その9

d0290240_10280282.gif




その10

d0290240_10281949.gif




上記の写真は在庫品です。





# by ichibannori | 2017-11-11 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 10日

オオタカ  Ⅶ

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥
命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より





その1

d0290240_13155502.gif




その2

d0290240_13162503.gif




その3

d0290240_13165544.gif




その4

d0290240_13172504.gif




その5

d0290240_13175455.gif




その6

d0290240_13182436.gif




その7

d0290240_13185441.gif




その8

d0290240_13192441.gif




その9

d0290240_13195495.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

MFでは天気予報の評判がよろしくない、そうだろう一喜一憂して神経が研ぎ澄まされて、敏感になっている。

晴れと違うじゃないか、なに、風が予報より強い、湿原は波立つ、鳥は魚が見えない、等々。

そんなこと言っても予報ですよと、慰める。

繰り返しの日々、予報がいや、予想が当たればニコニコである。

今日はと言えば、東の裾野の壁は厚く、他は雲が無いのに、朝焼けは消化不良であった。

今日のテーマは小鳥を撮る、出はまずまず、来週に期待したい。



一年前までは新都心の近くに住み、国土交通省の建物を見上げると圧倒された

d0290240_14393747.gif



今日の武蔵野線は5時前から動いていたが、回送か
d0290240_14395361.gif


カンムリカイツブリの数は多くなる

d0290240_14401399.gif




d0290240_14411858.gif



ジョウビタキの雌は良く顔を出す
d0290240_14413887.gif



すぐ前で鶯の地鳴きをしていたが顔を出す

d0290240_14424086.gif




d0290240_14434121.gif



よく目にするアオジ
d0290240_14435681.gif



久しぶりのアリスイ
d0290240_14450587.gif




d0290240_14452035.gif






# by ichibannori | 2017-11-10 15:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 09日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅵ

アリスイ撮りも一段落、ミサゴ撮りも終わりか、

しかしやって来る鳥たちも、「ミコアイサ」「ベニマシコ」「ハクチョウ」そして時々珍鳥も

これからも忙しくなる、今日この頃である。



漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥

命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前




その1

d0290240_09260544.gif




その2

d0290240_09261343.gif




その3

d0290240_09262243.gif



その4

d0290240_09262965.gif




その5

d0290240_09263967.gif



その6

d0290240_09264668.gif



その7

d0290240_09272277.gif



その8

d0290240_09273883.gif



その9

d0290240_09275011.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


所用により鳥撮りは休み、しかしウォーキングは体調維持のため日課である、

ついでに初冬の田んぼをコンデジで切り取る、切り取りすぎて帰ったら一万歩。

散歩の友にも会え、満足の朝を過す。



朝焼けの残りの中に東京スカイツリーが浮かんでいた


d0290240_09443923.gif



定点観測のお気に入りの場所で季節を感じる
d0290240_09372029.gif


d0290240_09390265.gif

旬のススキは見て良し、脇役で良し、主役でも

d0290240_09405945.gif




d0290240_09400634.gif



d0290240_09411872.gif



d0290240_09413123.gif






# by ichibannori | 2017-11-09 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 08日

初冬のかわせみ Ⅱ

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」



その1

d0290240_14535674.gif




その2

d0290240_14540653.gif




その3

d0290240_14541457.gif




その4

d0290240_14542479.gif




その5

d0290240_14543268.gif




その6

d0290240_14544093.gif




その7

d0290240_14552104.gif




その8

d0290240_14553625.gif




その9

d0290240_14573200.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

暗い朝、新都心と一番電車をウォーキングの間に撮る、東の裾野の壁は厚く陽が出てこなかった。

めげずミサゴポイントに向かう、暗く時間を間違えたか、到着していない。

暗くて来ても撮れないので、ゆっくり準備をする。

雨も振り出し最悪かと思うが、そうでもなかった。

空気は澄んでおり試し打ちしたら、解像しているではないか。

朝一番で魚を獲り場外で食し戻ってからは相変わらず初心者マークのいつものミサゴ、

その後は何度も飛び出し旋回し魚をねらうが、獲れず止まり木に戻るの繰り返し、

大群のカワラヒワが良かった。




d0290240_15260970.gif




d0290240_15261771.gif



サプライズはカワラヒワの大群
d0290240_16032397.gif




d0290240_16035222.gif



それなりに解像しているがただの飛びものでは
d0290240_15264781.gif



こんな日は水と緑の背景に限る
d0290240_15270080.gif



d0290240_15274860.gif



d0290240_15280470.gif




d0290240_15282199.gif




d0290240_15283217.gif



今日の成果を整理していたら、こんなのが


d0290240_19242196.gif








# by ichibannori | 2017-11-08 16:10 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 07日

湿原のノビタキ Ⅱ

昨年に続く湿原にて撮ることが出来ました。
今まで撮っていた草原や田んぼでは木はあまり生えていません。
そのかわりセイタカアワダチソウのような高い草に止まって虫
を探しています。
この湿原では背の低い木も多く、それに止まって虫に一目散で飛びかかります。
皆さんが撮っている絵とは雰囲気が異なると思います。
ノビタキの表情も一味違うような絵になりました。
マニアルで飛びつきをねらっています。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥


命名の由来:草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
      雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
     (再掲載)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 


その1

d0290240_08325077.gif




その2

d0290240_08325711.gif




その3

d0290240_08330388.gif




その4

d0290240_08331141.gif




その5

d0290240_08331902.gif




その6

d0290240_08332663.gif




その7

d0290240_08340556.gif




その8

d0290240_08341358.gif




その9

d0290240_08342555.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


湿原のミサゴ獲りもマンネリ化、心をリフレッシュのために朝のウォーキングに。

田んぼに出ると朝靄と東の空は朝焼けの残りと西の空は丸い月、いいじゃないか。

こんなのを60倍のコンデジで残して置きゃなかと真剣になる。

良いロケーションを探して帰宅したら一万歩を超えていた。

明日は何処へ


d0290240_09092993.jpg


d0290240_09100177.jpg

丸い月も
d0290240_09102219.jpg



d0290240_09110170.jpg

遠くの白いビル群はわが街
d0290240_09112623.jpg



d0290240_09122101.jpg


d0290240_09124256.jpg



d0290240_09131332.jpg







# by ichibannori | 2017-11-07 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 11月 06日

時々来るんです ミサゴ Ⅸ

夕焼け小焼けと言う童謡がが有りますが、その歌詞と反対の行動をミサゴはとるんです。

五時半頃から朝焼けが始まり六時頃朝焼けも終わり日の出です。

六時には近くのお寺の鐘が鳴りミサゴが飛んできます。

まさに私の創った童謡です。


いつも予約投稿していますが、ミサゴの在庫も増大し、今日も撮ってきました。

最近の絵と比較しますと新鮮味がなく新しい絵と入れ替えです。

自分の目も他人と一緒で厳しくなってきました。


漢字名:鶚

英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する

命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 



その1   いつも朝焼けと一番電車には義務感があります

d0290240_14024570.gif



その2   丸い月、蒼い空、満天に輝く星、やさしい朝焼け、時間を止めたい一時は至福なんでしょうか

d0290240_14034883.gif



その3   カンムリカイツブリの絵を撮るためにミサゴの到着に間に合わなくなります 

d0290240_14142248.gif



その4  器材を交換し、いざ鳥撮りに、18~300㎜のレンズで湿原全体を撮る、もうミサゴがスタンバイしている

d0290240_14153499.gif



その5  最近は遠くても色々アングルを工夫して

d0290240_14173542.gif



その6 2時間後の飛び出し

d0290240_14191410.gif


その7  2時間待つのは辛い、手もかじかむし、足もしびれ、体を動かしながら、手にはリモコン

d0290240_14214649.gif



その8 待ってよそ見をしていたら、2時間は 

d0290240_14221790.gif



その9   何度と旋回するが獲ることが出来ず場外に

d0290240_14233093.gif


その10

d0290240_14255439.gif


その11  帰ろうとしたらやってきた、皆準備も整わず一回の挑戦で獲物を確保し場外に

d0290240_14271826.gif







# by ichibannori | 2017-11-06 15:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 05日

幻のサンカノゴイ

幻のサンカノゴイ

2011年に数枚、2013年に4~5枚そして2015年に幾日もとることが出来、他の年は撮れなかった。

鳥友も同じようなもので、待っていて撮れるもんでもなく、出合頭である。

待機している時、鳥友と世間話をしている時でも、すぐシャッターを押せるように待っているのだ。

今シーズンも期待しているが。



漢字名:山家五位

英 名:Great Bittern
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L76cm 
時 期:留鳥または夏鳥。本州以南では越冬する個体が多い。
環 境:湖沼や池、河川、湿地など広大なアシ原。

命名の由来:「山家」は「田舎」という意味。
       人里離れた田舎にいるゴイサギのようなサギだから「山家五位」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その前に 01   2015年11月11日撮影

d0290240_21113516.jpg



その前に 02   2015年11月04日撮影

d0290240_21121293.jpg



その1  朝靄の中、微かに見え、飛行高さからチュウヒと思いシャッターを切る
d0290240_21295221.jpg



その2
d0290240_21172945.jpg



その3
d0290240_21162955.jpg



その4
d0290240_21161339.jpg



その5
d0290240_21154288.jpg



その6
d0290240_21151931.jpg



その7
d0290240_21145624.jpg



その8
d0290240_21143665.jpg



その9
d0290240_10303848.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のひと言】

冬の華、駅伝を観戦するためにこれからの日曜日はテレビ桟敷に陣取る。
その前に夜明け30分前からウォーキングをスタートする。
初冬らしい朝、雲一つも無く裾野は朝焼け、その上は青空、その中に金星も輝いていた。
空気は冷たく風もあり、冬がやって来たと実感する。
カメラは初冬の田んぼ界隈を切り取った。
MFのベニは雌2羽確認する。


満月に近い丸い月が青空に輝く
d0290240_09521917.gif


自然公園も朝日が
d0290240_09523998.gif

いつものお気に入りのロケーション
d0290240_09540238.gif



d0290240_09543866.gif



d0290240_09545201.gif


この地でも紅葉が始まる
d0290240_09553097.gif



来年こそカワセミを撮りたいMF、隣ではベニの雌も到着

d0290240_10090452.gif







# by ichibannori | 2017-11-05 14:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 04日

コミミズクも美しき湿原に

曇天の日は小鳥を撮ると決めにかかっていた。

二日続きで朝焼けは拝めなかったが、小鳥は草紅葉を背景に撮ることが出来た。

空が明るくなったのでミサゴが餌を運ぶ飛翔を撮るべく立ち位置を移動中

コミミズクを上空にて発見、距離はあったが今期初撮り最良の日で有った。

三日連続で昼食は自宅でとることが出来た。


漢字名:小耳木菟
英 名:Short-eared Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L36cm
時 期:冬鳥。
環 境:平地から山地の草原、農耕地、川原、埋め立地など。

命名の由来:ミミズク類は耳のように見える羽角(うかく)が特徴。
コミミズクは羽角が小さいので「小耳木菟」。


山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


その1

d0290240_14024970.gif




その2

d0290240_14025845.gif




その3

d0290240_14030750.gif




その4

d0290240_14031708.gif




その5

d0290240_14032683.gif




その6

d0290240_14033455.gif




その7

d0290240_14041351.gif




その8

d0290240_14042308.gif




その9

d0290240_14044013.gif







# by ichibannori | 2017-11-04 14:30 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 03日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅴ

漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥

命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前



その1

d0290240_09203426.gif




その2

d0290240_09204258.gif




その3

d0290240_09205142.gif




その4

d0290240_09205822.gif




その5

d0290240_09210970.gif




その6

d0290240_09211648.gif




その7

d0290240_09222604.gif




その8

d0290240_09223958.gif




その9

d0290240_09225273.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


昨日の興奮が冷め止まぬまま勇んで出かけるが東の空は暗雲が厚く、

予定が外れてミサゴスポットに行くと鎮座している。

休憩場所に決めたのかもしれない。

幼鳥ゆえ、狩りが未熟で三度の休憩でやっと獲ることが出来た。

カメラマンの方が根負けしていまい緊張感を持続出来ない。

そんなときは小鳥に切り替え冬鳥を何種か獲ることで帳尻を合わせた。



東の空に肩すかしをくらい、平凡な何番電車

d0290240_14382423.gif



始めの頃はジョウビタキを撮る
d0290240_14384361.gif


今期初登場のシメ、鳥撮りを始めた頃喜んで撮っていた

d0290240_14394624.gif



大群で出会うが今日は一羽でしっとりカワラヒワ

d0290240_14412192.gif



こんな天気でも光線は中々良かった

d0290240_14425260.gif



d0290240_14431140.gif


同じ立ち位置ではなく別の場所で

d0290240_14433267.gif



d0290240_14442542.gif



d0290240_14451509.gif



d0290240_14453071.gif



d0290240_14454559.gif



d0290240_14460022.gif



d0290240_14461695.gif


三度休憩し5時間後やっと獲物を、こんなことでこの冬生きてゆけるのか、近くで魚も売っているが
d0290240_14463028.gif


帰ってモニターで確認、飛行機が写ってた
d0290240_14464883.gif




# by ichibannori | 2017-11-03 15:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 11月 02日

時々来るんです ミサゴ 特別編(できたてホヤホヤです)

連日の三時起き 、いささか疲れ現地に5時30分到着、
明るすぎる、朝焼けを諦め、ミサゴが来るだろうと予測した場所で待つ。
まもなく上空に飛来、いつもの止り木に到着、2時間の休憩の後、
小さな魚を獲り去っていった。
2時間後飛来、同じように休憩し、今度は一回の挑戦で獲物を持ち、
通過を予想した場所の上空を通過した。


300㎜のレンズで撮っているため、トリミングしなければ皆米粒の様なので原則トリミングしています。

今回は数枚トリミングはしていません。


漢字名:鶚

英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する


命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


その1

d0290240_13402899.gif


その2

d0290240_13404051.gif


その3

d0290240_13405409.gif


その4

d0290240_13410650.gif


その5

d0290240_13411786.gif


その6

d0290240_13412836.gif


その7

d0290240_13413937.gif


その8

d0290240_13415124.gif


その9

d0290240_13420175.gif


その10

d0290240_13422393.gif




# by ichibannori | 2017-11-02 14:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 11月 01日

初冬のかわせみ Ⅰ

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」



その1

d0290240_14445663.gif




その2

d0290240_14450660.gif




その3

d0290240_14451306.gif




その4

d0290240_14452136.gif




その5

d0290240_14452845.gif




その6

d0290240_14453577.gif




その7

d0290240_14460977.gif




その8

d0290240_14461984.gif




その9

d0290240_14463183.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】


11月に入りました、今年もあと2ヶ月普通に過したいですね。

さて今日も行ってきました。

寒い朝、朝焼けとそれの映り込みに水鳥が入ればと欲深い望みを持ち、2ヶ月の勝負です。

カンムリカイツブリ、ハクチョウと一緒に獲りたいですね。

相変わらず狩りのしないミサゴとノスリを撮りかえって来ました。

ノスリはサギとのニアミスがあり緊張感がありました。



新都心

d0290240_14111366.gif


2番電車
d0290240_14112801.gif


3番電車、5分で背景は大きく変わります
d0290240_14114026.gif



d0290240_14115453.gif


カンムリカイツブリです
d0290240_14120579.gif




d0290240_14122184.gif



水鳥は夜明け前から活動
d0290240_14123545.gif



d0290240_14124504.gif



曇天に少しの陽があたると300㎜のレンズでも繊細な絵になります

d0290240_14131147.gif




d0290240_14132659.gif



何度も絡んで居ましたのでニアミスとはいえないかも

d0290240_14134647.gif






# by ichibannori | 2017-11-01 15:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 10月 31日

湿原のノビタキ Ⅰ

ノビタキは早朝静かに撮りたい

毎シーズン行く自称「美しき高原」の様子が例年と知がってセイタカアワダチソウが減少しているとの情報により、

湿原で撮れればと思っていた。

台風一過により三羽のノビタキと会うことが出来、ほっとしている。

一日で大量に撮ることが出来て、徐々に掲載したい。


漢字名:野鶲

英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥

命名の由来:草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
      雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_16553878.gif




その2

d0290240_16555129.gif




その3

d0290240_20231676.gif




その4

d0290240_20234745.gif




その5

d0290240_20252419.gif




その6

d0290240_20260952.gif




その7

d0290240_20274798.gif




その8

d0290240_20281829.gif




その9

d0290240_20293780.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


寒いフィールドに夜明け前から白い雲と満点の星、

幸先良いスタートかと思えば、そうは問屋は卸しません。

黒い雲が東の空を覆い朝焼けも昨日の様には行かず、

これが自然化と納得し気分を入れ替えミザゴの待つ場所へ、

飛びません、飛べません風が強くな波立ち、猟が出来ないからだと思います。

3時間後に飛び出したが、緊張が切れたカメラマン、ただ寒く疲れただけの半日でした。

明日はどうでしょうか、一寸良いニュースもあり、期待しています。



湿原に立つとまずこの絵を(目に入った明るさで)

d0290240_15082628.gif


異様な雲は今日の一日を予想するか
d0290240_15084628.gif



南の空は黒い雲、スカイツリーはよく見えたが
d0290240_15090535.gif



水鳥も起き出しました
d0290240_15092123.gif



日の出からわずかの時間(30分)が良い光線
d0290240_15093561.gif



d0290240_15094905.gif


右にスタート、目が入らず
d0290240_15100077.gif



雲の間から陽が差す
d0290240_15101429.gif



ノスリも同時に2羽
d0290240_15103481.gif



d0290240_15104853.gif




# by ichibannori | 2017-10-31 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 30日

時々来るんです ミサゴ Ⅷ   即日編

6mの風、湿原は波立ち、灯りは映り込まない、初めての体験。

満天の星、明星は輝く、関係ないが対面に明の星高校が有る。

風により一番電車が遅れ、二番電車の時間に通過する。

スカイツリーが良く見える。

朝焼けは(オーロラは見たことがないが)オーロラの様だ、またしても独り占め。

今日はこれで満足、のるまを達成。

ついでにミサゴも撮れてしまった。

10mの風で疲れた、(記録によると18.7m)三脚を固め、ストラップは首に巻き、転倒防止を施した。

台風が戻って来た様だ。



漢字名:鶚

英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する


命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 




その1 空気が澄んでいると新都心の灯りが美しい

d0290240_14254719.gif




その2 二番電車とスカイツリー

d0290240_14265153.gif




その3   上空に金星も

d0290240_14284885.gif




その4  勝手にオーロラ

d0290240_14290311.gif




その5  西を見ればドコモの塔が

d0290240_14293003.gif




その6  朝焼けも周囲に回って、こんな空

d0290240_14302405.gif




その7 サギも風よけをさがしている

d0290240_14311864.gif




その8  ウォーキングの途中で上空のミサゴを発見

d0290240_14320746.gif




その9

d0290240_14331624.gif




その10  今日は水鳥がよく飛んだ

d0290240_14333369.gif




その11 台風一過の空は

d0290240_14341912.gif




その12
  近場で小さな餌を獲る

d0290240_14350756.gif




その13 風に流され超スピードでフレーアウトがほとんど、それより風で三脚、カメラを固めても風に煽られる、

    台風中継しているようだった。

d0290240_14360403.gif







# by ichibannori | 2017-10-30 15:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 10月 29日

オオタカ  Ⅵ

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。
漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より




その1

d0290240_14351243.gif




その2

d0290240_14352443.gif




その3

d0290240_14353288.gif




その4

d0290240_14354075.gif




その5

d0290240_14354906.gif




その6

d0290240_14355719.gif




その7

d0290240_14363318.gif




その8

d0290240_14364351.gif




その9

d0290240_14365465.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】





# by ichibannori | 2017-10-29 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 28日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅳ

アリスイをこよなく愛する鳥撮りの仲間たちも最近は新鮮さもなくなったようです。
しかし、みんなの合い言葉「撮れるときに撮っておかなければ」明日は無いは教訓です。
過去に何度も後悔したことか、思い出されます。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥


命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


 


その1

d0290240_17412535.gif




その2

d0290240_17413429.gif




その3

d0290240_17414313.gif




その4

d0290240_17415265.gif




その5

d0290240_17420074.gif




その6

d0290240_17421094.gif




その7

d0290240_17421866.gif




その8

d0290240_17422676.gif




その9

d0290240_17423576.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のひと言】

二日続きの天気に恵まれ収穫は大漁、今日から天気もぐずつく様で、小休止には良いだろう。

今朝は「緑のヘルシーロード」に暗いうちからウォーキング、散歩友にも久しぶりに会え、汗もかかず、気持ちよい朝を過す。

広大な田んぼは収穫も終わり疲れを癒やすように眠りにつくのか。




お気に入りのロケーション

d0290240_11111077.gif




d0290240_11111728.gif



友はこの下でキビタキをまつ

d0290240_11112680.gif



来期に期待したいカワセミ
d0290240_11113406.gif



昨日は「美しき湿原」だった
d0290240_11114554.gif




d0290240_11115209.gif



d0290240_12584906.gif






# by ichibannori | 2017-10-28 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 27日

秋のかわせみ  Ⅹ

11月に近づくと初冬でしょうか、羽根の色も一段と鮮やかになります。
春のボロボロから一変しています。


漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。


命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_16212438.gif




その2

d0290240_16213272.gif




その3

d0290240_16214145.gif




その4

d0290240_16214986.gif




その5

d0290240_16215864.gif




その6

d0290240_16220889.gif




その7

d0290240_16225933.gif




その8

d0290240_16231109.gif




その9

d0290240_16232338.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


寒い朝、先日に続き快晴、湿度も低く朝靄はあいさつ程度だった。

あけの明星、北斗七星は健在なり。

ミサゴが見えた、近くまで動き立ち位置を決める。

人それぞれだが、鳥撮りは背景だ、ベストポジションを取る。

これで準備万端、空気がクリヤーで鳥が近くに見える。

鳥撮りは鳥の目が命、すべてである。



d0290240_13442058.gif





d0290240_13443000.gif





d0290240_13454509.gif





d0290240_13444014.gif




d0290240_13444798.gif





d0290240_13445994.gif




d0290240_13452655.gif







# by ichibannori | 2017-10-27 15:30 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 10月 26日

時々来るんです ミサゴ Ⅶ

今シーズンの目標は飛び込み飛び出しの一連の連写です。
簡単には行きませんが、躍動感があってはまっています。
上空飛ぶ姿は過去にとっていますので。


漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する


命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 


 



その1

d0290240_14285027.gif




その2

d0290240_14285811.gif




その3

d0290240_14290864.gif




その4

d0290240_14291820.gif



その5

d0290240_14292801.gif



その6

d0290240_14294070.gif



その7

d0290240_14295358.gif



その8

d0290240_14304097.gif



その9

d0290240_14305475.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

朝靄の兆候はあったが湿原に着くとそれほどでもなかった。

青空は暗い、今期初めて星が輝く空だ、真上には北斗七星、東にはあけの明星が輝いている。

ISO12800にしてもシャッター速度は上がらない。

一番電車は5時6分、十分待って撮ることが出来た、やはり暗なくては。

そして赤くなった、空も湿原も、次は朝靄が立ちこめる、「素晴らしき世界だ」、歌が聞こえてくる。

湿原を一週すると友が待機しており、鳥撮りの道具に変え待機場所に同行する。

朝靄の中、微かにミサゴが見えると聞き、近くまで行くが、朝食は済ましたのが中々飛ばない。

その後狩りに飛んだが、成功出来ず、アリスイ、ノビタキを撮り、順光の立ち位置に移動する。

オオタカやノスリも見ることが出来、帰路につく。

3時起きは午前中が限度か。



暗いうちの一周は独り占めの世界

d0290240_15303376.gif




d0290240_15304166.gif




d0290240_15304959.gif



素晴らしき世界、遠くでは水鳥も活動が始まった
d0290240_15305760.gif




d0290240_15310873.gif




d0290240_15312080.gif




d0290240_15312862.gif




d0290240_15313516.gif




d0290240_15314431.gif



d0290240_15315339.gif

d0290240_15321396.gif


若いオオタカは今期初めて
d0290240_15320560.gif





# by ichibannori | 2017-10-26 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 25日

オオタカ  Ⅴ

我ら「美しき湿原」をこよなく愛する仲間たちにとって、
近くで撮れる「オオタカ」は願ってもない被写体である。
皆な熱心故近づきすぎ、鳥も距離をとる、そんな状況で他に餌取りを変えたようだ。


環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥

命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より


オオタカⅣの続きを掲載

その1

d0290240_19184887.gif




その2

d0290240_19190770.gif




その3

d0290240_19191462.gif




その4

d0290240_19192168.gif




その5

d0290240_19193194.gif




その6   その5とその6の間にオオタカの目に木が

d0290240_19194196.gif




その7

d0290240_19202362.gif




その8

d0290240_19203579.gif




その9

d0290240_19204883.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

台風一過と思ったら今日も雨、今月幾日出かけたが、歴史に残るのでは、

そして週末も何かが来るようです。

わたくしの得意とする朝の一コマをお送りします。



もう少ししたら白鳥やカンムリカイツブリを入れて撮りたいものです。

d0290240_11091956.gif



d0290240_11102577.gif



d0290240_11104537.gif


これでも明るく映っているようですが、暗かったんです、カメラの成せる業
d0290240_11105716.gif


もう少し立つともっと赤くなる草紅葉
d0290240_11110915.gif







# by ichibannori | 2017-10-25 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 24日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅲ

このところ数も多く出もほどほどです。
落葉するまでに撮りだめしたいですね。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥
命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 




その1   北から到着した頃、縄張り争い、一本の木にに3羽

d0290240_18572012.gif




その2  シーズン一度撮れれば

d0290240_18585933.gif




その3  2羽は珍しくありません

d0290240_18594437.gif




その4

d0290240_19000738.gif




その5

d0290240_19004484.gif




その6

d0290240_19005927.gif




その7  何か敵が

d0290240_19011135.gif




その8 カワセミがスルーしました

d0290240_19012414.gif




その9

d0290240_19013681.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


天候不順のため13日ぶりにフィールドに立つ、湿原は調整値の役目を果して水量が多くなる。

鳥友からノビタキの情報をもらい、良いところで撮ることが出来、アリスイも草紅葉の背景で撮ることが出来、

午後になってミサゴも、久しぶり湿原を堪能出来た。



朝焼けは見事だったが30分の遅刻

d0290240_15284513.gif



草紅葉もこれからか
d0290240_15290659.gif



アカゲラの木から
d0290240_15292402.gif



遠くのススキ乗りをねらう
d0290240_15294720.gif



手前のススキの隙間から
d0290240_15300541.gif


絶品だと思っている
d0290240_15301984.gif



空が曇天で緑を背景に
d0290240_15305194.gif



やはり曇天では
d0290240_15311783.gif






# by ichibannori | 2017-10-24 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 10月 23日

秋のかわせみ  Ⅸ

10月も中ごろになると、羽根の色も一段と鮮やかになります。
春のボロボロから一変しています。


漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


その1

d0290240_15083592.gif




その2

d0290240_15090457.gif




その3

d0290240_15084555.gif




その4

d0290240_15094472.gif




その5

d0290240_15095462.gif




その6

d0290240_15100505.gif




その7

d0290240_15102017.gif




その8

d0290240_15102996.gif




その9

d0290240_15104301.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のひと言】
昨日から今日にかけての台風、我が町の投票所は長蛇の列

末っ子の嫁さん家族との顔合わせ、目まぐるしい一日を無事終え、ほっとしている朝です。

台風一過を信じて長雨を仕切り直して、晩秋の蒼い空を期待したいものです。

そうです、明日からはチュウヒ、ノスリの登場が待たれます。


d0290240_08483197.gif



d0290240_08490033.gif



d0290240_08493089.gif





# by ichibannori | 2017-10-23 12:00 | 野鳥 | Comments(2)